学校給食のアレルギー対応

アレルギーに関しては敏感な学校

子どものアレルギーにはよく知られている食品から、あまり有名ではない食品までさまざまです。
アレルギーは極端な例であると、死に至る危険もあるため、特に現在の学校では敏感になっている分野でもあります。
アレルギーの対策も近年はかなり進んでいることもあり、日本では給食の段階で注意を払うようにしています。

お子さんの場合ですと、食べられない食品がないか、ということを学校でもチェックする方向性が進んできています。
また、医療機関でも早い段階からお子さんにアレルギーがないか、どの程度の症状が現れるのか、ということを確認されることも多くなっています。
アレルギーは、年齢とともに影響が違うことがありますが、特に幼少の段階では過敏に症状があらわれてしまうことが珍しくないために、十分に対策を講じることが望ましいといえます。

かつて日本の給食を揺るがした蕎麦アレルギー

現在、日本の給食では、そば、そば粉が使われる食品は基本的に出されないようになりました。
これは、かつて日本の給食で蕎麦アレルギーが原因で、児童がなくなってしまった、ということが原因にあります。

日本の給食そのものに対して、マスメディアより厳しい非難が浴びせられた、ということもあるため、その点は現在は特に改善されるべきことになりました。
食品に関しては、お子さんのアレルギーが出てしまう可能性がある食べものに関しては、現在は学校での献立で保護者に開示していることや、教員もお子さんの症状に目を配らせるようになるなど、敏感になってきたことがあります。
給食に関しては、特にアレルギーの問題は現在でも献立を作る栄養士の方までとても慎重に配慮している問題であり、今後、新しいアレルギーが見つかることや、改善策が見つかる場合にもまた、影響が出ることもあるでしょう。

アレルギー対策は保護者が十分に注意する

食品のアレルギーは軽度であることや、医療機関でも見落とされてしまうこともあるため、特に子ども段階では保護者が注意するべきことです。
特に食品関係であると、生命に関わる重篤な場合もあるため、注意が必要となる分野です。

アレルギーに関しては、保護者も十分にその症状を知らないままにしている、というケースも少なくないため、万一のことを考えて十分に対策を講じるようにしておくことが望ましいといえます。
また、お子さんが日々の家庭生活の中で、何か食べものなどで変わった症状がないか、ということを見落とさないようにすることも大切なことです。
これは、少しの油断で見落とされてしまうことだけに、十分に注意を払うようにしておくことがポイントです。
何か不安があるようなことがある場合、ぜひ早めに解消するようにしてください。