小学校から英語を学ぶインドネシア

小学校からの英才教育が違う

インドネシアでは、母国語のインドネシア語の他に英語を学ぶ習慣があります。
これは、かつて植民地だったころの影響でもありますが、現在の国際化の時代のことを考えると、国策として実施していることが大きいといえます。

実際、日本に留学や職業研修に訪れるインドネシアの方の場合、英語ができるのは小学校から学習していることがはっきりと表れています。
日本では、長らく中学校から英語教育を開始する、という時代が続いていましたが、近年になって小学校から英語教育を始める、という方向に転換したのはインドネシアを初めとして、海外の小学校での英語教育の重要性が大きく影響しているといえるでしょう。

お子さんにとっては、義務教育である学校で英語を学習するのは、その後学習をするときの理解や親近感を比較しても大きな違いとなっていきます。
日本は、まだ英語教育に関しては手探りの段階ですが、実際に活きた英語に触れることができるインドネシアの英語事情を知っておくことは大きなポイントでなないでしょうか。

幼少の時から学んだことは将来に生きる

インドネシアで英語が小学校の段階から義務教育の一つとして取りいれられているのが、近隣のシンガポール、韓国などを見ても、英語ができることが将来のお子さんの生活に大きなプラスになる、ということだからです。
これは日本でも同様で、英語ができることで可能となる仕事も広がりますし、海外への見識も広がっていきます。

その点を考慮すると、日本で小学校の段階から英語の授業が開始された、ということを考えると、その他の学習塾や教材、英語教室も含めてお子さんの英語学習に対して日本でもどのような方法で学んでもらうのがよいのか、ということを一度、真剣に考える必要があるといえるのではないでしょうか。

英語は語彙力とコミュニケーション能力

英語を学ぶ時には語彙力とコミュニケーション能力がポイントになります。
この点は、お子様にどのように学習してもらうのが良いのか、ということで学習で力を入れるべき部分も違ってきますし、学ぶべき方向性にも差が出てくるところがあります。

インドネシアでは幼少から語彙力、およびコミュニケーション能力が育ちやすい環境にあることが、英語への理解を深めています。
日本でも、英語の単語はかなり多く登場しており、パーソナルコンピューター(パソコン)やトラベル(旅行)など単語は溢れています。
このような日常生活の中に隠された英語について理解を深めることによって、お子さんの英語への理解はさらに広がることになりますので、ぜひそのような学習できる環境を最大限に活かすことを考えてみてはいかがでしょうか。