数学大国のインド

幼少のころから数学の専門教育をしているインド

インドは幼少のころから専門的な数学の教育をしていることで知られています。
日本でも言われる「英才教育」という概念がありますが、数学も同様です。
特に「数の概念」を理解するのは子供のころから専門的に学ぶのが近道です。
音楽でいうのであれば、「絶対音感」のようなセンスを身につけることにつながります。

インドの子供のころからの算数の教育で有名なのは、小学生の段階で99×99までの掛け算を覚えることです。
これは日本では「99」の掛け算をさらに拡張したものです。
この概念があることで、圧倒的に計算能力が高くなりますし、学習にも応用できる部分が多くあります。

インドの数学者の「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」は有名ですが、幼少のころからの教育により培ったセンスも大きいでしょう。
このあたりは、実際に子供のころから培ったものがないと、かなり将来にわたって差が発生してしまう部分があります。

インドの数学の特徴は、基本的な数に対する概念に対して、反復、瞬時の理解をできるようにしていることです。
これは、なかなか普段の我々の生活のなかでは見落としてしまいがちなことであり、繰り返し学ぶことで、身につく概念です。
もし、お子さんに早い段階から数学の知識を習得してもらいたい、と思うのでしたら、ぜひインドの数学の教育を参考にしてみてください。

日本でも応用できるインドの数学の教育

昨今、日本でも理数離れが進んだ、ということがメディアで報道されるようになりました。
数学、物理、化学などは、合理的な学問であり、そのロジックが分からなくなると、急に苦手意識につながることがあります。
このあたりは、幼少のときに、ある程度訓練をしているかどうか、ということが大きくその差を分けてしまうことがあります。

このあたりは、日本でも子供のころから「数に触れているかどうか」ということで、かなり差が出てしまいます。
単純なゲームや数に関する応用、ということを理解しているかどうか、ということでこのセンスが分かれてきます。
数に対する理解は、何を重視するのがポイントか、と知らないと、なかなか学習でも差が出てしまうことになります。

このあたりは、インドで行っている基本的な掛け算などの暗記など、反復教育が有効です。
もし、お子さんに数に強くなってほしい、と思うのでしたら、この教育を早めに取り入れることをおすすめいたします。

数に対しての基本的な学習方針や学ぶべきポイントを合理的に取り入れることで、確実に成績でプラスにできる部分が見つかります。
このあたりは、ぜひお子さんのことを考えて、どのように学習するのがよいのか、ということも含めて学ぶようにするとよいでしょう。
数に対する理解はインドの教育を参考にすることで、幼少期の数に対する理解力の強化に役立つ部分は大きいでしょう。