受験戦争が激化する中国

受験競争はかつての日本以上の中国

中国では、よい学校に入って社会で活躍する、ということが一つの成功のモデルとされています。
特に家庭に対する親と子の関係も強いことから、受験に対しての思い入れが強くあるため、そのため結果として競争が激化してしまっている、という現状があります。
そのことを考えると、中国という経済的な発展がある裏側には、子どもたちの急速な学力の向上がある、という面も否めないでしょう。

実際、中国は格差社会が到来していることもあり、親としては出来る限り子どもにはよい学校にすすんでもらいたい、と思っていることが日本以上に強い、という側面があります。
この点を考えると、子どもの学力のことを考えると、どのようにお子さんにとって、学習がしやすい環境を用意するのか、ということはとても難しいことになるといえます。
お子さんへの学習、という観点はとても難しい問題をはらんでいるだけに、何を重視するべきか、ということを一度、真剣に考えなければならないことと言えるでしょう。

かつての科挙制度があった中国の受験

かつて、中国では世界の中でも特に厳しいと言われた試験制度の科挙制度があった文化があります。
そのため、現在でもその歴史の流れが現在にも残されている側面があります。
科挙制度の文化があったこともあり、現在でも中国の試験制度はかなり厳しい側面を持っていることは否めない部分があるといえるでしょう。

このあたりは、国の文化という側面もありますが、やはりお子さんにとって、かなり受験ということを考えると、精神的にも負担が大きくなってしまっている、というケースも考えられます。
中国は、特に明治維新の時代の日本の富国強兵、ともいえる経済発展を推進している国でもあり、そのためには子どもに対して、高い学力や社会的な成功を望んでいる親も多くいるのは、日本以上の受験戦争の時代になりつつあります。

英才教育も盛んな中国

受験戦争、受験競争が激しくなる中国の背景には、以前から英才教育に力を入れてきた、という過去があります。
これは、旧社会主義国の政策でソ連などがおこなってきた教育プログラムには、子どもの資質を選んで、幼少のときより、英才教育をする、という方向性です。

そのシステムが現在でも残っている中国では、より高い学力を身に着けてもらい、将来により高いポジションに進みやすいように期待する、という保護者が多くなってきているのが事実でしょう。
この方向性に関しては、保護者によって求めている点が違うところがありますが、かなり思い入れとしては、強い部分があるのは否定できないのではないでしょうか。
中国の文化のことを考えるのであれば、お子さんの未来、ということはとても重要なテーマとなることは無視できません。