成長

精神的な向上

教育において重要なことは、子供を成長させていくことです。
肉体的な成長は放っておいてもしていくのが子供ですが、精神的な成長というのは教育と周囲の大人達が促さなければしていくことは出来ません。
当然、教育に関わる人間というのは子供にとって規範となる存在である必要があります。
これが崩れつつあるのが、現代日本における教育の問題点の1つと言えるでしょう。

かつて「先生」というのは、聖職者であるとたとえられることもありました。
それほど、子供にとって、そして子供を持つ親にとって、重要で偉大な存在であった、ということです。
しかし、環境が変わり、考え方が変わってきました。
子供が先生を尊敬しないようになり、成長の規範としないようになってきてしまっていると言えます。

このような環境を作り出している原因はどこにあるのでしょうか?
もちろん、学校などの教育施設、そして教師自身にも問題があると言えます。
規範となるような人物ではない人が、学校教育をになっている環境が存在していることは事実でしょう。

この背景には、日本における教員免許状の取得の容易さや、免許更新が必要ないことによって問題がある教師が排斥されない、という問題があります。
後者については是正が行なわれつつあり、教員免許も数年に一度審査が行なわれ、不適格者は再教育や免許剥奪にむけて行動を起こす事ができるようになってきました。
しかし、審査の内容などが甘いようでは今後もこの状況は変わらないことが考えられるでしょう。
どのようにして教師を子供の規範の存在へと返り咲かせるのか、成長の場としての教育を考える上で非常に重要なポイントの1つとなるでしょう。

成長に関わるポイント

では、実際に子供の成長に関わることについて、この先で紹介することについて触れていきます。
まず1つ目に紹介するのは「小学生の反抗期」についてです。
反抗期というのは、親や先生の言うことに対して素直に従わなくなってしまう時期のことをいいます。
これは多くの子供に見られることで、異常なことでもなければ、非行に走っているということでもありません。

しかし、ここでどのような対応をするのか?ということが、その後の子供の人生を大きく左右するポイントとはなります。
反抗期になるとどうなるのか、そしてどう対応するべきなのか?考えます。

次に紹介するのは「青少年のネット利用事情」についてです。
家庭用パソコンやスマートフォンの普及によって、今や多くの子供たちが簡単にインターネットを利用することが出来るようになりました。
インターネットは便利なツールであると同時に、自分のリテラシーによって大きなダメージを受けてしまう可能性があることでもあります。
子供たちが今どのようにネットと向き合っているのか、そして今後大人はそれについてどう考えるべきなのか、見て行きましょう。

最後に紹介するのは「子供の習い事ランキング」です。
習い事は勉強とはまた違った教育の場だといえるでしょう。
子供が進んでしたいと思うこともあれば、大人がさせたいと思ってさせることもあります。
今、どんな習い事が人気なのか、その理由とともに考えてみましょう。

>>どうする?小学生の反抗期
反抗期への対応を考える

>>青少年のネット利用事情
子供とインターネットの関係で必要なことはなにか

>>子どもの習い事ランキング
どんな習い事が人気であるかをご紹介します