不登校児への接し方

不登校児への接し方は理解がポイント

不登校は近年、社会問題の一つになっています。
不登校のお子さんに対して「無理に学校へ行け」というのは誰でもできることです。
しかし、強制して学校に行かせることは解決になりません。

どうして学校に行きたくないと感じているのか、その理由と気持ちをお子さんの立場に立って理解することがポイントです。
これは、大人でも同様にうつ病、と言われて会社に出社したくない、という状況があります。
そのような気持ちは、実は複雑な感情によって影響している部分が多分にあります。

お子さんにとって、学校教育、集団生活、ということがとても負担になっている可能性があります。
それは、小学校から高校のお子さんにとっては、まだ十分に自分の感情を表現できない可能性もあります。
そのような状況を無理に学校に行け、と強制することは、心にとって大きな負担になることが予測されます。

もし、不登校に悩むお子さんに接する機会がありましたら、まずは不登校ということを理解してあげることか始めてください。
これは、人それぞれ悩む原因も違えば、解決するまでのプロセスも大きく違うことは珍しいことではありません。
その状況を放置してしまうと、お子さんにとっては、一方的にプレッシャーばかりが募ることになってしまいます。

もし、お子さんが不登校なのでしたら、早い段階で何が悩みなのか、ということを理解してあげることから始めてください。
その状況をそのまま放置するのではなく、理解することが解決への第一歩となります。

不登校の子供への理解

不登校のお子さんの悩みは、お子さんそれぞれで様々です。
勉強が嫌になった、集団生活がなじめない、日々の生活が面白くない、いじめが原因、などです。
そのようなお子さんへの理解は、ご自身がどいのような点で力になれるのか、ということが始めることがポイントです。

子どもへのプレッシャーを理解する

お子さんにとっては、様々なプレッシャーは不安をそのままにしておくことは、決して望ましいことではありません。
もし、何か真剣に悩んでいるようなことがあるなら、早い段階で解消できるように、保護者としても協力することが望ましいでしょう。

このあたりは、お子さんにとって何が悩みなのか、ということを理解するには、長い時間がかかることがあります。
相互にお互いのことを理解することが、お互いが力になる第一歩ですから、強引にお子さんの心に踏み込むようなことをしない、ということが肝要です。
お子さんのために、ご自身が何ができるのか、ということを考えて、お互いが歩み寄る気持ちを持つことが望ましいでしょう。
保護者にとっては、お子様の最後のよりどころになる、という立場であることが大きな安心感を与えます。