学級崩壊

学級崩壊の恐怖

学級崩壊は、一時、日本のメディアで取り上げられ、多くの方が注目した概念です。
学級内で教育、教師、生徒、児童の立場が完全に崩壊してしまい、教育ができない状況になってしまうことです。
この状況になると、学習はもちろんのこと、学校生活自体ができなくなってしまい、教師がノイローゼになる、ということにつながります。

子供たちが教師のいうことや指導を無視する、などはその一例です。
また、共通した反抗的態度や、教師に対する不服従なども含まれるでしょう。
原因はさまざまですが、一度、この状態に陥ると、なかなか修復は難しいのが現状です。

もし、お子さんの教室が学級崩壊に陥っているのでしたら、保護者としてはすぐに対処することがポイントです。
その一年間はお子さんにとって、学校生活は決して望ましいものではありません。
大きなプレッシャーにしかなりませんし、道徳やモラルに対する不信感が生まれる危険もあります。

特に、親にとっては学校内の状況、ということが分からない部分は大きくあります。
しかし、この点は親子で学校生活のことをよく話しあうことはとても重要なことです。
もし、お子さんの中に学級崩壊の兆しを感じたのでしたら、学校、PTAともに早期解消を目指してください。

学級崩壊の原因

学級崩壊の原因は主に、子供たちの反抗期と教師との信頼関係が十分に気付けないときです。
特に学級内で児童、生徒の中に反抗のグループが出来てしまうと、急速にその距離感が広がります。

また、学級の中でも授業に興味をもたない、学校生活に不満がある、という生徒たちが多いとその傾向が広がります。
初期の段階では特に目立たないこともありますが、目立って誹謗、中傷が次第と教師に集まります。
この状態を放置しておくことは、さらに学級崩壊に拍車をかけます。

また、学級崩壊は特定の子供にとっていじめられる原因になります。
もし、お子さんの中でそのような状況にあるのでしたら、そのまま放置しておくことは大変危険です
お子さんが健全に学習する、という環境を大きく阻害してしまう可能性があるからです。

もし、そのような不安を感じた場合、できる限り早く、その状況を改善するようにしてください。
お子さんにとって、学級崩壊は人間関係や学校への信頼関係を損なう危険な状況です。

また、まともに学習する、という意欲を失わせてしまう危険もあります。
そのようなことを考えると、できる限り早めに学級崩壊の可能性があるなら、改善する取り組みをするべきでしょう。
保護者としても、もし、何か異変を感じたら、そのまま放置することなく、何かお子さんの力になれることはないのか、ということを真剣に考えることは大切なことです。