男子校に通うメリットはあるのか

思春期のジェンダーによる成長段階

今や共学の学校が多いなかで、敢えて男子校を選択する、ということにどのようなメリットがあるのでしょうか?
まず1つ目としてあげられるのが、「男女の成長段階の違いを考えずに教育が行える」ということです。
一般に、女児の方が成長の段階が早く、男児との間に差が生まれることがあります。
男児には男児にあった段階というものがあり、それに応じた教育を行うことが出来るというのがまず大きなメリットです。

さらには、「学校時代を思い切り楽しむことが出来る」ということが挙げられます。
共学は良くも悪くも異性の目があるために、あまりふざけたことはできません。
しかし、男子校の場合には女子はいませんから、異性の目を気にして萎縮する必要はないのです。

男子校の注意点

では、逆に男子校において注意したい点はどのようなことでしょうか?
まず1つ目として、女性との付き合い方がわからなくなってしまう人も多い、ということです。
なにせ近くに女性がいないわけですから、当然といえば当然です。
どのようにしてこの点を克服していくのか、ということは別の方法から考える必要があります。

また、もう一つのポイントとして、端からみると待遇がよくないように見えてしまう、ということがあります。
男子校の先生というのは男子校にむけてローカライズされているため、共学と同じような教育を行なっていません。
対応の仕方が違っているために、そのように感じてしまうこともあるでしょう。