環境

家庭、学校、地域

教育に置いて、正しい環境が整備されているかどうか、ということは非常に重要なポイントとなります。
では、教育における環境というのはどのようなことを指しているのでしょうか?

まず1つ目のポイントとなるのが、家庭における教育環境です。
これはすなわち、親や家族との関わり方、ということがポイントとなってくるでしょう。
放任主義でも、過保護主義でもいけません。
子供が自立して、自分の学習について考えられるような環境を整えることが肝心です。

そのためには、ある程度の経済力というのも必要となってくるでしょう。
子供が安心して勉強出来る環境を作ることは、親の責任の1つです。

次に、学校における教育環境です。
学校では、勉強と組織的活動について学ぶことになります。
学校においては、教師と学友、というのが環境として非常に重要なポイントということになるでしょう。
良い教師、そして良い学友に恵まれれば、自然と良い教育が行えるようになります。

さらに、地域における教育環境も重要となります。
子供が安心して通学出来るような環境になっているでしょうか。
そして、人との関わり方や、思いやり方を学べるような地域環境が形作られているでしょうか。
自分が社会の一員であり、孤立した存在ではない、と教えるためには地域での教育というのも重要なポイントとなります。

環境を考える

では、より具体的に教育の環境について考えていきましょう。
まず紹介するのは「男子校に通うメリットはあるのか」「女子校に通うメリットはあるのか」ということについてです。
今や男女共学の学校というのが中心となっており、男子校や女子校というのはその数自体が少なくなってきています。
異性がいる環境と、同性しかいない環境、教育環境としてはどのような違いがあるのでしょうか?

そしてもう一つ紹介するのは「いじめが起こりやすいクラスの特徴」についてです。
学校問題を考える時、いじめの問題というのは非常に重大なポイントとなります。
ともすれば子供の安全が脅かされる存在であり、同時に子供が加害者となってしまう可能性がある問題でもあります。
なぜいじめが起こるのか、それは環境による影響が大きいと考えられるでしょう。

>>男子校に通うメリットはあるのか
男子しかいない学校の特徴とメリット

>>女子校に通うメリットはあるのか
女子の能力の突出させる

>>いじめがおこりやすいクラスの特徴
いじめがおこりやすい原因とはなにか